リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

熱が下がらない感染症ノロウイルスにリレンザの使用

人類は太古の昔から最近やウィルスとの熾烈な戦いを繰り返してきました。
時にはウィルスの増殖が勝り、人間の体を蝕み死に追いやることも多々見られます。
最近では感染症ノロウイルス、エボラ出血熱、MARSなどで命を落とした人も数多く存在します。
感染症ノロウイルスなどは季節を問わず年中感染する危険性のある非常に怖いウイルスであると言えます。
感染症ノロウイルスは生き延びるために微妙に形を変え、抗生物質や新薬に対抗し増殖を繰り返しています。
こうした変異して生き延びるウイルスは他にもたくさんあり、その代表的なものがインフルエンザウイルスと言うことが出来るでしょう。
インフルエンザウイルスは主に冬に大増殖する傾向にあります。
乾燥した空気を好み、そこで大増殖していきます。
また冬は人間の鼻や口の粘膜も乾燥しやすいために、簡単にインフルエンザウイルスが体内に侵入してきます。
また冬は人間の免疫力や抵抗力も落ちやすいので、余計にインフルエンザは体内で増殖する傾向にあります。
感染症ノロウイルスもインフルエンザウイルスも感染してしまうと高熱が出て簡単に熱が下がらないのが特徴的です。
強烈なウイルスのために体がそれに対抗し体外に排出しようとして高熱が出てしまいます。
また一般的な解熱剤や風邪薬では決して熱が下がらないのが特徴的です。
ノロウイルスもインフルエンザウイルスも、そのウイルスの増殖を食い止めなければ決して熱が下がらないのです。
ウイルスの増殖を食い止めるには、リレンザやタミフルといった専門の治療薬を服用することが絶対だと言えます。
リレンザは粉末の吸入型の薬であり、肺にダイレクトに薬が蔓延するのでウイルスの増殖を食い止めるのに非常に有効な薬であると言えます。
リレンザは内服薬を飲むのが苦手な人、薬アレルギーがある人にも使いやすい薬とされています。