リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

子供のインフルエンザのピークとリレンザ使用について

子供が高熱や辛い症状になったり、時には重篤な症状になってしまったりすることがあるインフルエンザに、とても良く効く薬として評判の高いリレンザは、ここ数年で大きく普及し、インフルエンザと診断されると良く処方される薬になってきています。適切なタイミングで投与すると、短い期間で症状が改善し、治るまでにかかる日数を大幅に短縮することができる薬です。
しかし、リレンザは、体内のインフルエンザウィルスを死滅させる薬ではなく、インフルエンザウィルスの活動と増殖を阻害することで、症状の進行を抑える薬で、ウィルスの増殖を抑えている間に、体内の免疫細胞が、ウィルスを攻撃して治っていくという仕組みの薬です。なので、ウィルスの増殖がピークに達する48時間を経過してから投与しても、すでにウィルスは十分増殖しているため、リレンザは効果を発揮できなくなっています。発熱などの症状が出てから増殖がピークを迎える48時間以内に、できるだけ早く投与することが、効果を得て、症状を進行させないために大切です。急な発熱があるときには、インフルエンザかどうか分からなくても、すぐに病院に行き、医師に判断してもらうようにしましょう。
リレンザをインフルエンザウイルスの増殖がピークになる前に投与することができれば、症状は快方に向かい、熱が下がってくるので、体が楽になってきます。子供は、熱が下がると元気を取り戻して、活動したがることが多いですが、リレンザは、あくまでもインフルエンザウイルスの増殖を抑えているだけで、治しているのは子供自身にある免疫の力です。体が披露して、免疫力が低下すると、少ない数のウイルスでも再び症状が出たり、治りきるまでの時間が延びたりするので、十分な睡眠と消化が良く栄養価の高い食事を取り、活動を控えることが大切です。