リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

大人のインフルエンザにもリレンザを処方

大人でインフルエンザにかかった場合にリレンザを処方してくれる丸山クリニックですが、大人でインフルエンザにかかるというのはとても大変なことです。思春期の年齢でインフルエンザにかかることによってタミフルを処方されると、副作用として幻覚が見えたりして飛び降りたり異常行動をするという報道が数年前にありました。

結局のところ、タミフルと思春期の因果関係ははっきりしませんし異常行動の因果関係もはっきりしたことはわからないままでした。それに伴いタミフルの処方が第一選択薬とされていたのですが、リレンザを処方するクリニックが丸山クリニックのように増えてきています。大人のインフルエンザでも丸山クリニックではリレンザを処方しています。

ほとんどタミフルと同じ働きをする薬で抗インフルエンザ薬です。インフルエンザの症状をすぐに抑えてくれます。熱が出てから48時間以内に服用することで効果があります。大人の場合は錠剤の服用ですが、吸うタイプのリレンザもあります。粉末になっていて、吸って上気道から入れるという方法です。こちらも即効性があります。

リレンザを服用してしばらくすればすぐに体は楽になります。熱も下がりますが、下がってからすぐはまだ感染力を持っていますので、所定の期間は外出を控える必要があります。登校禁止の期間が決められているはずですので、その期間を守らなければ、ほかの人にうつしてしまいますので、注意が必要です。大人の場合は小児に比べると禁止期間は短いですが、それでも大人だからといって熱が下がったのですぐに行ってもいいかといえば、そうではありませんので、必ず禁止されている期間は自宅で療養しているようにしましょう。