リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

インフルエンザ流行前兆前にリレンザの備蓄しよう

医療機関には毎年のようにワクチン接種ポスターを見ることができます。
ワクチン接種ポスターによって、インフルエンザ対策を啓蒙し、接種の啓蒙を行っています。
ワクチン接種ポスターが医療機関や公共施設に貼り出される頃には、インフルエンザ大流行の前兆と捉える事ができます。
そのためポオスターを見かけたら、迷わずできるだけ早期に予防接種してもらえるように予約を取っておくことが大事です。
インフルエンザの大流行の前兆などがある年には、予防接種ワクチンが不足する事態も見られます。
不足によって予防対策が出来ないような事態に陥らないためにも、出来るだけ早く接種の予約を行ったほうが良いと言えます。
なかでも高齢者や子供と言った免疫力や抵抗力の低い人に関しては、必ず予防接種を受けておく必要があります。
こうした人は感染すると症状が重篤する可能性も高く、肺炎や脳症などの合併症で命の危険にさらされることもあるからです。
しかし予防接種を受けたからと言って、感染を百パーセント回避できるわけではありません。
シーズンに喉の違和感、異物感、吐き気、頭痛などインフルエンザ感染の前兆かなと疑わしい場合にも、早急に医療機関を訪れ、リレンザやタミフルを処方してもらうことが大事です。
家族など身近な人に感染者が出た場合は、感染している可能性は非常に高いと言えます。
ウイルス感染し、症状が出るまでの潜伏期間で48時間以内にリレンザを吸入したり、タミフルを飲めば、高熱などの激しい症状が回避できることがあります。
そのため持病があったり、免疫力の低い人は石に相談してリレンザやタミフルなどを処方してもらい備蓄しておくのも賢明な方法と言えるでしょう。