リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

インフルエンザ感染の登校基準査定とリレンザの治療

冬はインフルエンザウィルスによる感冒症が非常に大流行します。
日本の冬は寒さが厳しく、空気の乾燥が促進するためにインフルエンザが大増殖します。
その上気温が低く、多くの人の体温が下がり免疫力や抵抗力が低下し、そこを狙ってインフルエンザは巧みに体に入り込み肺で大増殖を繰り返します。
インフルエンザになると40度近くの高熱と関節痛、嘔吐に下痢などが見られるようになります。
そのため立っている事もままならず、出社や登校することが困難になります。
またインフルエンザ感染は人から人へ感染が拡大するのが非常に問題です。
感染者の咳やくしゃみによる唾液などのしぶきが他人の口や鼻に入り込むことによって感染が拡大します。
そのため感染した場合には医師によって登校基準に基づき、査定されます。
登校基準の査定とは他の人に感染させたり、学級閉鎖などの集団感染が拡大しない為にとられる対策です。
熱が40度以上あり検査キットで陽性と出た場合はインフルエンザ感染と査定され、登校基準も熱が下がってから5日もしくは一週間後と定められます。
インフルエンザに感染し熱が下がったとしても、感染者の体の中には沢山のインフルエンザウィルスが存在し、感染者の糞尿や唾液の飛沫で何人にもインフルエンザを感染させる力があります。
そのため投薬治療によって完全にインフルエンザウィルスが体外に出尽くしたタイミングで登校が許可されるようになります。
こうした飛沫感染によって感染が拡大するインフルエンザは一般的にタミフルやリレンザといった薬の投与で治療されます。
タミフルは十代の青少年に投与すると奇行など異常行動の副作用が稀に見られる事から、最近ではリレンザと言う治療薬が主に十代の青少年に処方されるようになっています。
リレンザは粉末の薬でそれを吸入して服用する薬です。
効き目はタミフルとほとんど同じで、異常行動などの副作用がなく安全に治療をすることができます。