リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。錠剤を飲むのが苦手な方やお子さん等には大変ありがたいお薬となっています。粉薬を吸入する形で苦いイメージがありますが、実際はほんのりと甘さが広がる味になっています。

インフルエンザの検査方法と治療薬

毎年のように流行するインフルエンザの治療薬としてタミフルはよく知られているお薬ですが、インフルエンザの治療薬にはその他にもいくつかの種類があります。
その中にリレンザというお薬があります。
リレンザは錠剤タイプのタミフルとは異なり、吸入器を用いて使用するお薬で、ノイタミニターゼと呼ばれる酵素に対して他の細胞への感染や増大を防ぐことができドライパウダーを非経口経路投与するので、タミフルよりも即効性があるとされていてその効果も安定しているのが特徴です。
しかしリレンザの使用の際には吸入器を必ず使わなくてはいけないため、高齢者や小児が使用しにくいこともあり年齢を問わず簡単に使用することができるタミフルのほうが使用頻度が高くなっています。
リレンザはタミフルと同じく、インフルエンザA型やB型に効果があり、インフルエンザウイルス感染後48時間以内に服用することで高い効果を発揮するのも多いな特徴ですが、C型はノイラミニターゼを持たないのでほとんど効果がありません。
インフルエンザに感染したかどうかは鼻水を材料に外来で検査をすることでわかります。
鼻水を摂取した後数分で判定が出来、インフルエンザの型も判定することができます。
検査に使う鼻水は鼻とのどのちょうど間、上咽頭という部分から採取されます。

リレンザの特徴は吸入器を使うことでもあります。
上手に使うこつはしっかりと吸い込んで息をとめる、鼻から吐き出すと言うことです。
小児の場合などはちょっと吸い込んでやめてしまうこともありますが、何度か繰り返して行うとすぐに上手になります。
リレンザは5日間継続して、1日2回吸引します。
リレンザは一般的に安全な薬とされているので、個人差はありますが副作用はほとんどないとされています。